上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浜松北高地学部天文班 - スポンサーサイト
--:--:-- Top↑
プロフィール

静岡県立浜松北高地学部天文班のページです。

浜松北高地学部天文班は、浜松北高の文化部の中でも最も歴史がある部活の一つです。
現在、浜松北高地学部天文班では「光害」の研究を行っています

-NOTICE1-
ISEF2008 アメリカアトランタ大会で、
・優秀賞:チームプロジェクト部門4等賞
・アメリカ計算機学会賞4等賞
・人工知能学会賞2等賞
    を獲得しました

-NOTICE2-
mixiに浜松北高地学部のコミュニティがあります。特にOB・OGの方は参加お願いします。谷下班も入れます。同窓会を開くかもです。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3322013

活動については、随時このブログで報告していきます。

oO○ 浜松北高地学部天文班について ○Oo
NEW!!◆地学部について◆(2010.1.11UP)…はじめに見てください!!
◆プロフィール(2009.4.2 UP)
◆実績・過去の研究(2010.1.11 UP)

◆地学部会議室◆
NEW!!◆浜松北高地学部天文班Wiki◆…過去の研究内容や学校祭・合宿等の様々な記録を書いていきます
NEW!!◆OB・OGのページ◆
◆別館はこちら◆

oO○ 研究内容 ○Oo
 ★光害(97,98,05,06,08,09,10,11)
   ☆光害について☆
…光害についての基礎知識・過去の研究のまとめがあります
   ☆研究内容・成果☆…2008年に行った研究内容のまとめです

 ★実用的な自動合成写真作成アルゴリズムの設計と実装
- The Design and Implementation of Practical Algorithms for Automatic Composite Photographs -(07,08)★

   ◆プログラム・研究概要ダウンロード◆(2008.7.21UP)

 ★AAOIFS(自動天体観測指数予測システム)(07)★
AAOIFS
  ☆詳しいことは実績・過去の研究から、もしくは上の画像をクリックしてください
  
地学部について、浜松北高について あなたの質問に答えます
メールはこちら
浜松北高公式サイトはこちら
トップページ最終更新:2009.11.28
スポンサーサイト
浜松北高地学部天文班 - 浜松北高地学部天文班のページへようこそ
22:22:22 Top↑
2002.02.22 OB・OGのページ
浜松北高地学部天文班卒業生が殿堂入りみたいな感じでできたらいいなと思ってみて作ってみました。(2009年卒業三浦)

何期生とかよくわからないので、とりあえず2009年卒をネオ1期生としておきます。

適当に書き加えてってくれるとありがたいです。

なお同窓会などはmixiのコミュニティを中心に行うつもりです。コミュは谷下も一緒です。トップページのリンクから飛んでください。

◆ネオ5期(2013年卒)◆
班長:加藤
メンバー:大河・森下・土屋


◆ネオ4期(2012年卒)◆
班長:
メンバー

◆ネオ3期(2011年卒)◆
班長:内田
メンバー:(気づいた人、加えてってね!)

◆ネオ2期(2010年卒)◆
班長:
メンバー

◆ネオ1期(2009年卒)◆
班長:三浦
メンバー: 見たら書いてってねー

◆ネオ -1期(2008年卒)◆
班長:
メンバー
浜松北高地学部天文班 - OB・OGのページ
22:22:50 Top↑
このページは地学部は何をしているのか紹介するページです。
地学部は大きく分けて3つの活動があります。それは以下の3つです。

研究
地学部は全国大会入賞に向けて研究を行っています。
実績・過去の研究

学校祭
新入生が初めて行う行事です。
ここで、名前など地学部員についてのことも覚えたりすることができます。
2007年学校祭
2008年学校祭
2009年学校祭


合宿
毎年1回浜松北高ではない、星がとてもよくみえるところに行って、合宿を行っています。
2007年合宿
2008年合宿
2009年合宿


その他
■また、研究のために定期的に学校に泊まって、観望会を開いたりもしています。
  観望会

■ここまでみて入部に悩んでいる方はぜひここを見てください。
  先輩の話


興味を持った方はぜひ校舎2階・西階段そばにある地学室に来てみてください(^^)
何か質問があったら、いつでも受け付けています。コメントして下さい。
浜松北高地学部天文班 - 地学部について
22:22:22 Top↑
2002.02.22 観望会
概要
天体観測をするために行う研究のためにかかせない行事
主な活動としては、研究調査のために学校で泊まる場合が多いが、たまに学校以外の場合もある。
基本的に3F屋上で行う。天文班員が地学部室から望遠鏡持ってきて組立てて、普段肉眼では見にくい星を見ることができる。

活動記録
2009年度
2009年 4月25日 新入生歓迎観望会(谷下班合同)
2009年10月31日 定例観望会(谷下班・砂浜班合同)

2008年度
2008年 8月 3日 光害実験のため
2008年12月 6日 定例観望会(谷下班合同)

2007年度
2007年 4月29日 新入生歓迎観望会(谷下班合同)
2007年 7月15日 恒星の座標化の実験のため
2007年 8月12日 ペルセウス座流星群を見る・竜頭山で開催
2007年 8月28日 皆既月食を見る(日帰り)
2007年11月10日 巨大望遠鏡で星を見る・御園で開催
2007年11月23日 AAOIFSの実験のため
2008年 2月10日 定例観望会(谷下班合同)

浜松北高地学部天文班 - 観望会
22:22:22 Top↑
2002.02.22 2008年合宿
概要
7月28日,29日,30日にかけて愛知県のスターフォーレスト御園で行われた合宿。珍しく2日間とも星が見れた合宿である。

内容
28日
10:00
例年通り地学室に集合し、集金後近くのスーパーへ3日分の食料の買い出しに出かける。同時に1日目の昼食や2日目の朝食、飲み物など個人的に買いたいものも買う。
スーパーから戻り、昼食を食べている途中に突発的な雷雨と強風に見舞われる。
バスへの荷物の詰め込みを始める。

13:00
学校を出発。バスの中では、ゲームやトランプ、音楽を聴くなど個人で様々なことをしながら目的地へと向かう。
雨は移動中には降りやまず、夕食が食べれるかがなど様々なことに心配になる。

15:30
スターフォーレスト御園に到着。雨は小雨になっていた。
チェックインの後、予めくじで決めてあったバンガローへ荷物を置きに行く。
夕食まで野球やバトミントンなどを芝生広場で遊ぶ。

16:30
夕食のバーベキューの準備を始める。

21:00
プラネタリウムを見た後、大型望遠鏡で木星などを見る。このときまだ曇っていたので、あまり見ることは出来なかった。

29日
00:00
晴れてきたので、再び大型望遠鏡で星々を見る。全員の眠気はピークに達した。
寝っ転がりながら流れ星を見る。多くの流れ星を見ることができた。
天文班で1年に教えながら望遠鏡を組み立てる。
月が昇ってくる瞬間を見る。

02:30
一通り星を見ることができたので、普通の人は就寝
だが朝日が昇ってくるのを見た徹夜組もいた

07;00
各自で持ってきたパンなどで起きた人から朝食を食べる
一部の人は朝日が昇る外で食べた
その後は睡眠を取る人や芝生広場で遊んでいた

11:30
昼食のうどんを各バンガローで食べる
1日目のバーベキューでのあまりものを使った野菜炒めも登場した

17:00
夕食のカレーの準備を始める

21:00
昨日に引き続き快晴であったので、外で星を見る

30日
01:30
徹夜組がUNOを始める。
そのあとは大富豪も行う

08:00
朝食を食べ、急いで帰る支度をする
恒例の記念写真を行う

09:00
例年通り満天の青空の下で学校へ帰った。

浜松北高地学部天文班 - 2008年合宿
22:22:22 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。