上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浜松北高地学部天文班 - スポンサーサイト
--:--:-- Top↑
今まで考えていただけの「恒星の座標化」ですが、本日は実際に天体望遠鏡を組み立てカメラの接続チェックとフィルターの確認を行いました。上手くカメラで盗撮撮影できたのでまぁ成功ということで。

あと春休み予定しているUSJへの研修旅行の話も進みました。楽しみです。

Y介
スポンサーサイト
浜松北高地学部天文班 - 研究への第一歩
18:21:06 Top↑
2007.01.26 AAOIFS Ver.2.0
AAOIFS Ver.2.0ができました。

今度のバージョンでは、最初に解析するファイルを一気に指定しておいて、後はほっとけば解析ができるようになりました。

データはcsvで出力できます。

ソースの無駄な部分も消したので、動作も速くなっているはずです。

M浦
浜松北高地学部天文班 - AAOIFS Ver.2.0
19:26:19 Top↑
2007.01.24 部室掃除
20070124183647
部室を掃除しました。
まだ棚のなかのような細かいところは整理していないませんが、恒星の研究がとどこおっているのでそろそろはじめていきたいです。

S宮
浜松北高地学部天文班 - 部室掃除
18:35:20 Top↑
昨日の夜、浜松市天文台協力者の会の一員として、浜松市立城北小学校にボランティアに行ってきました。

とにかく寒かったです。

そこで天文台の同じく協力者の会の人に、恒星の座標化の研究方法を教えてもらえるように、話をするつもりでしたが、忙しくてそれどころではなかったです。

でも楽しかったので、また行けるときは行こうと思います。

M浦
浜松北高地学部天文班 - 浜松市天文台 移動天文教室
16:39:52 Top↑
今日、AAOIFS画像解析プログラムVer1.0β4とVer1.0を作りました。
Ver1.0β4では、ヒストグラムの頂点の個数を調べる機能をつけて、雲などが写真に入ってしまっているかを簡単に調べられるようにしました。
Ver1.0では、画像を引き続き分析できるようにして、結果をcsvで出力できるようにしました。
後はデータさえ集まればいいんですが。

恒星の座標化はこれからですが、恒星までの距離を求めるのにその絶対等級を求めるんですが。そのために、プラズマなどを使って分光する必要があります。
そのための技術がないので、来週、再来週に天文台の知り合いの協力を求めにいきます。

もうひとつ浜松市天文協会の活動で、星が見えるか、などの調査があるのでそれもやらなければ。

M浦
浜松北高地学部天文班 - AAOIFS画像解析プログラム と 今後の活動
20:15:10 Top↑
たった今地学部の次年度の組織決めがあり、
見事にS宮君が部長となりました。
ちなみに、この天文班の班長はM浦君です。
これからも地学部をよろしくお願いします。

O杉
浜松北高地学部天文班 - 続・いつもの活動報告
17:19:23 Top↑
恒星の座標化についての超おおまかな内容を決めています。
近いうちに、具体的な方法も決めていきたいです。

O杉
浜松北高地学部天文班 - いつもの活動報告
16:47:00 Top↑
20070109142146
恒星の研究、始めました。

S宮
浜松北高地学部天文班 - 恒星の研究始めました。
14:20:22 Top↑
明けましておめでとうございます。
今年も地学部をよろしくお願いします。

O杉
浜松北高地学部天文班 - 新年明けましておめでとうございます
17:20:21 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。