上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浜松北高地学部天文班 - スポンサーサイト
--:--:-- Top↑
2008.04.30 もうすぐ
最終企画書まで残すところ後僅かとなってまいりました。

一年生のやる気とノリのよさに感動するばかりの毎日です。

企画書で何となくやってくれそな子が何人かいて嬉しかったです。

今年は美術部も本気なんでがんばっていきましょー!! o(>∧<;)




ついに思いもしなかったあだ名を襲名することとなりました(笑)
スポンサーサイト
浜松北高地学部天文班 - もうすぐ
20:52:20 Top↑
一部のおかしな人たちを先導したのは私です。言い訳のしようもありません。心からお詫び申し上げます。
と言いましてもねえ。
ウチの班は仕事が比較的少ない方なんですよ。で、最終企画書書くの明日からで良いよねー、みたいな空気になってうっかりみんなで図書室に遊びに行ってしまったわけなんですね。
私の絵を見に。
ハイ、もうホントにね、何やっているんだろうと。副部長ちょっと頭おかしいんじゃないかと。しかも外装班だけじゃなくて模型班の人もいたじゃないですか。……でもこれは地学部の本当の姿じゃないんです。本当の地学部はもっとみんなエネルギッシュでパワフルでアクティブなんです。悪い何かが私に憑いてしまっただなんです。まぁ、コミュニケーションを図ってチームワーク増強するのも一つの活動ではないでしょうか?え?違う?私もそう思います。

それはそうと重松清を知らない人が日本にまだいたなんて。びっくりしました。これから地学部員で重松清を読んだことのない人は私がじっくりと洗脳していってあげるので覚悟しておいてください。

明日からは超真面目な外装班が誕生します。もう鬼のような形相でガリガリと仕事をさせてもらいます。見ていてください。つーか、これと似た宣言を前もしたような……気のせいですね。

明日には10000ヒットしてくれるといいなぁと考えている副部長でした。みんな来てー。
浜松北高地学部天文班 - 犯人は私です。
20:49:24 Top↑
今日は久し振りの部活、といっても休みは1日だけでしたが
最初は先生から観望会のことについて説明がありました。天文班としては、何の恒星や惑星などが見えるかや、その星の説明も調べなくてはいけません。ちゃんと観望会初の1年生に、伝えられるように調べて行きます…これから自宅が主ですが、天文班に一つ活動が増えます。本格的にまとめるのは最終企画書の目処がたってからでしょうか。

次はいつものように班ごとに活動をしていましたが、なぜかわたしは探し物をしているついでに部室の掃除をしていました。時間はそこまでありませんけど…暇だね~と言われても本当は切羽詰まっているのです。おかげで大切な書類だとかも見つかったのですが、肝心な探し物が見つからなかったのがショックでした…でも部室の机はだいぶきれいになりましたよ。作業解禁までは部室をすぐ汚さないで欲しいものです。

そんな感じで今日の活動は終わってしまったのですが(他の人はちゃんとやってましたよ)、部員みんな、あるいは一部の人がおかしかったような気がします…だって昨日休んで元気いっぱいだもんねー
これぞ地学部だ!と感じる雰囲気が漂い始めてきているような気がします。まぁ1年生も大体慣れましたよね

明日もそんな感じで活動していきます。最終企画書提出に向けて頑張りましょう!
浜松北高地学部天文班 - 探し物は何処へ
19:32:18 Top↑
2008.04.29 ISEF組
あと12日でアメリカです。20日で部活は終了です。

NSSのISEF情報サイト研究要旨が載りました。

http://www.isef.jp/abstract.php?number=592

では、頑張ってきます。

M浦
浜松北高地学部天文班 - ISEF組
23:18:52 Top↑
今日は私が当番の日で、学校に行きました…せっかく学祭の話し合いはなかったのに、わざわざ行くのもなぁーと思いつつ、ちゃんと仕事をこなしました。

最近は天文班としての活動はデータをとるだけなので、今は学祭に専念しているということで6月半ばから頑張って行きたいと思います。
その時は、当番なくなるのかな?1年生も加わるので。でも楽するためには今は苦労しなければなりませんから
でも私はその時この研究をしているのかは、わからないですけど…新しいやつもやってみたいなーという気持ちもあるので

その当番のついでに、ジャンボエンチョーとダイソーとオレンジに行って、今年初めて実地調査に行ってみました。会計としては、ペンキ高いなぁ…と思って不安がよぎりましたが、木材とかは思ったより安いし臭いが癒されました。
これで最終予算書書けるのか不安です…明日一次予算書に関して何かあるらしいので。なんか申し訳ないです…
会計って役的の格付けは高くないけど、減点も高いし大変な仕事だと思います…地学部は力入れているけど、場所の面積ややる気に対して予算ギリギリなので、予算の時点でちゃんと考えないと予算超過なんていったらグランプリが消滅してしまいますからね

まぁそれは余談でしたが、とりあえず明日は再び最終企画書提出に向けてまとめて行きたいと思うのですが、本当に終わるか心配で夜も寝れません…って言うのは言い過ぎですが、GWの休みをとるためには今は寝不足になっても仕方ないです。
これからも一層大変になりますが、寝不足や疲労に耐えて、頑張っていきたいと思います。
浜松北高地学部天文班 - みんなは久し振りの休みです
22:00:03 Top↑
2008.04.28 睡眠不足日
またまた先を越されましたが、懲りずに書きます。内容は違うのでね

まぁ副部長さんみたいに毎回毎回外に出て行くことはありません、というより全く外に出ていっていません。明日はAAOIFSの当番のついでに、個人的にホームセンターと100均に行ってこようかと思います

では早速今日の活動は、いつものように寸法とか材料とかを考えていました。模型女子のほうでは私の指示なしでも動いてくれて助かります。そして重製作男子達の、コストがかからない構造など全てにおいて素晴らしい作品を考えてくれたので、とてもうれしいです。ちなみに私はストーリーを繋げるために重要な作品を考えていたのですが、ちょっと迷っているところです。

あっ、ちなみに今週中に細かいところまで決まっていないところは、今年のGWの休みはありませんから覚悟しといてねー

最後に、もうすぐ1万ヒットだそうですね。わたしは今まで知りませんでした…携帯からではアクセス数は見れないのでね
詳しくは副部長のコメントで。いやー多分超えるのは明後日と信じて、敢えて今日は書かないでおきます。また明日、当番やら実地調査やらで更新できるときまでに企画とか考えましょうかな。期待はしないように。誰かキリ番とったら、アクセス数をプリントスクリーンやら写メやらでとってくれるとうれしいです

では明日の半日は睡眠不足解消日とさせていただきます

O田
浜松北高地学部天文班 - 睡眠不足日
21:34:57 Top↑
最近外出が多くてネタに困らない副部長です。今日は自宅近くのダイソーまで行ってきました。Kのごーさんは計画立てお疲れさまです。あと閣下、今日も先に書かせていただきました。何かすいません。

とりあえず私プラス一年4人でダイソーまで。これでジャンボエンチョーと合わせて大体のもののめどが立ちました。あとは額縁だけなんです、誰か、このいたいけな副部長に額縁貸していただけませんかね?
つーか、一年生二人があまりにもヲタでちょっと会話についていけませんでした。ボーイズ、お店であんまりあーいう話は控えようね……PotiとN村も全然分からないから。
で、そんなこんなで一時間半ほどうろうろして本日の部活動終了。なんか他の班が真面目に活動しているのにうちらだけこんなに緩くて申し訳ない……。明後日からはきっと! きっと働き蟻も玄人裸足の働きっぷりを見せてやります!

じゃ、短いですがこのへんで。いやね、細かく書こうと思えば書けるんですけれどそれだと内容が活動報告じゃなくなっちゃうんですよ。あと谷下班長! オレンジ分かんなかった! 明後日覚えとけー。
浜松北高地学部天文班 - 今日はダイソー行ってきました
19:40:50 Top↑
昨日の活動は、それぞれ何を買うかを実物で見てこよう、ということで、ホームセンターなどの場所で調査に行きました…といってもわたしは2日連続居残り班だったため、まだ1年生とあまり交流できていない者です。
ちなみに上の文章は、昨日書いたのをちょっと直したものです…いつも記事を先に書かれるので、ネタが被ってしまうのです。今日も家に着いたら更新されているとは…家までかかる時間の差ですか

今日も部活で役割ごとに考えました…ちなみにわたしは模型という、なんとも大変な役についてしまいましたが、果たして締切までに終わるでしょうか…と不安になりましたが、1年生が人数少ない中頑張ってくれたので、できそうな気がします、というよりできあがらせます。計算しながら考えるのは疲れます

あまり書くとネタバレになるので、どうぞ当日にはメインっぽい次のところを御覧下さい。今の時点でかなり努力してますから

明日からは、1年生で今日いなかった人に頑張ってもらって、わたしは火曜日位にまだ行っていない値段の実地調査に会計としても行ってこようかというとことです

最後に今日も会計の仕事もしたのですが、やっぱり大変です…いろんな人のところに周って計算しなければなりませんよ

では、明日こそは更新のスピードにおいては負けないようにしたいと思います…

O田
浜松北高地学部天文班 - 最終企画書提出に向けて~その1
16:53:08 Top↑
えっと一回書いたんですが操作ミスで全削除されてしまい、正直また同じ内容を思い出しながら書くことにグロッキー気味の副部長です。ちいい。

今日はまず、昨日の成果をみんなに解説し、計画を本格的に煮詰めていきました。問題点はタイルくらいですか……ダイソー行きますかね。
ドアのデザインも決定しました。ご協力いただいたPoti・Iさんありがtごうございました。ご家族さんにもよろしくお伝えください。

で、吸血鬼の格好させられたり司会の役やらされたりジュースがあれれってなっちゃったりしましたけれど、なかなか有意義な集まりだったんじゃないでしょうか。某予備校組には明日からパワー120%で頑張ってもらいます。まぁ、模試お疲れ様でした。

てゆーか、他の二年生さんたちも記事書いてくださいよ。私、外装班の話しかできないからネタがすぐに枯渇してしまいそうな雰囲気です。特にまだ書いたことのない人、書いてくださいー。

以上、アシモフの宇宙叙事詩が三部作であることを初めて知った副部長でした。……こんなくだらない内容を二度も書いた私の精神はすでにボロボロです……。
浜松北高地学部天文班 - からあげ丼・塩の策略にはまりました。
16:18:47 Top↑
今日は二年生3人と一年生3人でちょろりんとジャンボエンチョーまで下見に行ってきました。わざわざ休日にお疲れ様と言いたいところですが学祭本格的準備期間中はフル活動なのでこのノリにも一応ついてきてほしいです。ちなみにタイトルが平仮名なのは童心をいつまでも忘れたくないからです……すいません、嘘つきました、童心なんてとっくにどっかに去ってゆきました。

で、いろいろと見て回ったわけなんですが、とにかくどれもこれも高い……高すぎますってありゃ!!しかも会計がそろそろパンクするらしいじゃないですか。何ですかこの切迫感。まさかお金にいてこまされる日がこんなに早く来るとは思っていませんでした。

とりあえず、外装班として購入したい物は・取っ手・タイルいくらか・模様作りのための材木・ドアのストッパーえとせとらえとせとら……
額縁は少なくともジャンボエンチョーじゃどうにもなりそうにないし、また何か対策を練らなければー。

外装は展示の顔です。お客さんはまず外装の雰囲気とパンフレットの説明で入るかどうかを決めます。外装班のみんな、お客さんの目をパッと引けるような素敵な外装作り目指して頑張りましょう!あと他の班の手伝いもして経験値は各自で積んでおくように!来年まで見据えておいた方が吉だと思いますよ♪
以上、最近若干鬱気味な副部長でした。誰かヘルプミー。
浜松北高地学部天文班 - じゃんぼえんちょー
19:45:42 Top↑
2008.04.25 じゃーじぎめ
一年生のジャージ決めに立候補でついて行って、その後何人かを北高付近まで送り届け帰宅した副部長です。いやー、部活戻る気力ありませんっていくら何でも。

一年生たちは約一時間に渡る議論の末、女子4人の希望である紺と白のカッコ良いジャージに決まりました。おめでとうございます。それに袖を通せばさらに地学部度アップですよ。あともうちょっと頑張れ男子。いや、何か今後の展開が見えてきちゃったなぁと。

さて、皆さん無事に家にたどり着いたでしょうね? たどり着いていない人がいたら私の首が飛びますんで……。来年は一年生が先輩となって後輩を引き連れるわけですからゼビオの位置を誰か正確に把握しておいた方がいいですよマジ。

ジャージはちょっとお金がかかってしまいますが3年間普通に使えるんで安心してください。親御さんには一応了解を取っておくように。3点セットで5桁ちょい越しちゃう感じなんで汗

以上、眼鏡を新調したことに皆がとりあえず突っ込んでくれて嬉しかった副部長でした。
浜松北高地学部天文班 - じゃーじぎめ
20:25:53 Top↑
あまりにも久しぶりすぎてキーボードの打ち方さえ忘れてしまいそうになりました。危なかったです。
一年生は本当に良い子たちばかりですね。くだらないネタが通じてうれしい限りです。どこに出しても恥ずかしくない自慢の後輩と言えましょう。21人、ちゃんと顔と名前も覚えましたよ。 

タイトル決めとかね、もうホント、疲れました。最終までに何とか良い案を出さねばなりません。適当なパロディでお茶を濁している場合じゃないのです。

また何か進んだら更新するつもりですが、うーん。ストーリー作り誰か手伝ってください。整合性が合わなくて、なのに放置プレイ状態なんでちょっと軽くグロッキーなんですけれど。
文章書ける人、随時募集しています。私の代わりにWardと格闘してください、お願いだから。

微妙に愚痴ってしまいました。でもいいのです。もう新入生勧誘期間は終了しましたから。懸案事項は強いて言うなら県の調査くらいです。

皆さん、そろそろエンジンかけて頑張っていきましょう!
byふくぶちょう
... 続きを読む
浜松北高地学部天文班 - 久しぶりな感じです
20:43:57 Top↑
今日は土曜日に引き続き一次企画書提出の準備をしました

最初にストーリーや役割分担したところの説明をしていきました
1年生はいい人ばかりで助かります…たどたどしい話をちゃんと聞いてくれてありがとう
でも作業解禁までやることがないのが残念です…このやる気を早く生かしてあげたいです

そして今日一番苦労したのは、タイトルでした。一次企画書は変えられるといっても、考えなければいけません。
1年生、遅くまでお疲れ様です…去年のわたしよりも頑張って残っているではないですか…素晴らしいです。今年もいい展示ができそうです

まぁこんな感じで無事に企画書ができたわけです。
いよいよこれからは最終企画書提出に向けて話し合っていこうかと思っていますが、他にも提出物がたくさんあるので、追々忙しくなるかと。

では、これからまた変わったことがあったら更新していこうと思います。

O田
浜松北高地学部天文班 - 一次企画書提出に向けて~その2
19:58:26 Top↑
今日は、第1次企画書提出に向けて製作物の計画をそれぞれ考えました。

まずは個人での役割したところの内容を質問しながら、進めていきました。
最後にはみんなが疲労感たっぷりであったが、とりあえず作業解禁までの計画とか寸法を測ったりなどしました。

とりあえず月曜日には1年生に何か指示できるまで、考えて置かなければ…と思っています。去年の先輩達のときもある程度進めてあったので。
そして第1次企画書が期限までにちゃんと仕上がるように、この土日にやっておかなければいけません。

地学部の展示の裏には、大変なことが多いなぁーと去年思った以上に今年は感じています。個人の力も大変で大切なことだけど、一人ではできないことなので、難しいです。

では、来週も忙しくなりますが、頑張っていきたいと思います。

O田
浜松北高地学部天文班 - 第1次企画書提出に向けて
17:39:00 Top↑
今日でとりあえず1年生の部員が「入部」という形になりました。
最終的に1年の人数は21人で、男女比は2:1となりました。私達2年の人数と比べたら、とても多いと感じます。地学室への出入り口は1つしかないので、出口がいつも混み合うようになりました。

今日の内容としては、始めに自己紹介をしました。いろいろな人がいるなぁ―と思いました。私が一つ気になるのは、読書好きが多いということですかね。北高ってやっぱり本好きの集まりなのでしょうか?私には分からない世界が広がっていますよ…
でも、いろいろな人がいると、楽しいですね。今硬い1年生も、2、3年生のように和やかな雰囲気になるのでしょうか?

その後にメアド交換を私が会計の召集中に始め、ぐだぐだになりそうだったので、1年生の展示物係決めしました。
ちゃんと1年生と形を作れるか不安ですね…(´A`)指示とかしてリードするのがちゃんとできるかが困りますが、頑張るので少々ぐだぐだになりそうでもフォローして下さい…と言いたいです。

最後に次の活動は、2年生だけですが集中的に学祭について明日に話し合いたいと思います。
以上今日の活動でした。
浜松北高地学部天文班 - 1年部活動登録
20:45:11 Top↑
2008.04.17 多忙日々報告
どうも、お久し振りです。しばらく書けなかった理由としては、M浦先輩の記事がよすぎて、それに勝る内容が書けない、と思ったからです。まだみてないっていう人は絶対にみてください、特に地学部に入ってくれてわざわざ訪れてくれた1年生へ、その他の人をなにか人生がかわるような気がしますよ。
だからといって執筆活動はなかったわけではなく、本家むじなをできるだけ更新していますので、1年生が暇になったら、通行の妨害にならないようにぜひみて欲しいと思います。

私が言いたかったことは、前の記事にほとんど書かれてしまったので、今回は簡潔に書こうかと思います。
前の記事にもある通り、新入部員は23人になりました。この人数は地学部2年+3年の人数と同じ位になります。私自身大人数での活動が予想できません。
そこで問題となるのは研究です。今までは、11人を2つの班に分けて活動してきました。現在は2年5人で1つの研究をしています。しかし人数が増えて全員が研究に参加できるようにするには班を増やさなければいけません。2つにしても7、8人位になって難しいし、3つにすると今度は2年が1人になって大変になってしまいます。
まぁ今から新たな研究を考えておいて、今は学祭についてなので人数が多いという有利な状況でめざせグランプリ9連覇ですよ。
とにかく企画賞は専門職の部活に負けないように、全力を入れていきます。

明日は、1年生が本登録ということで、自己紹介をします。その後は、学祭について1年生と一緒に話し合いできるように、先輩として頑張りたいと思います。
あと、2年生はほとんど係についているので、その面も減点がないように気をつけなければいけませんね。ちなみに私は会計という大切な役なのです。皆大変です。

これからは学祭メインとなるので、研究報告は終わってからということで。
長くなりましたが、展示を精一杯頑張るので、ぜひ応援よろしくお願いします。では

O田
浜松北高地学部天文班 - 多忙日々報告
20:58:21 Top↑
2008.04.16 部員2
副部長の佐々木です。
今日で大体部員の勧誘・整理は終了しました。正直かなり疲弊気味です。で、最終的に一年生はどれくらいになったかというと……

25人くらいでしょうか?

……すっごい集まってしまいました。超ド級の戦力です。比率としては男子:女子=16:9くらいかなと。すいません、正確に把握していないので多分誤差はあると思います。
ほとんどの男子とは面談をしてみたんですけれどみんなやる気と元気の塊みたいな感じ。女子のみんなも「地震についてちょろっと調べといてねー」って言ったら文献やインターネット駆使して頑張ってくれたし。
地学部がこんなに盛んになってくれて嬉しいです。盤南とも互角にやりあえるかもしれません。否、やりあいます。

一年生のみんな、学祭も合宿も研究も頭のねじが外れるくらいに楽しみましょう! 北高の「動」の時期は動かにゃ損です。勉強は各自で笑。もし判らないところがあれば二年生が答えてあげますよ。一緒に悩む羽目になりそうな気がしないでもないのですが……汗

明日は何やるんでしょうねー。まだ一年生たち正式入部じゃないから自己紹介もできないでしょうし。ま、5月からはスイッチ・オンの予定なんで今、地学部入ったけど暇ー、と思っている人はもちっとだけ待っててくださいね。
ではでは。
... 続きを読む
浜松北高地学部天文班 - 部員2
20:59:21 Top↑
すごいです。びっくりしています。なんと部員がものすごい人数集まっちゃいました。
私らの代の2倍はいます。
ということは将来的に2年生一人が1年生二人を指導するという構図が成り立つわけでしょうか……。みんな良い子たちですし、また賑やかになりそうです。これだけのパワーがあれば学祭の三冠王も夢じゃないですよこれは!
一年生のみんな、徐々に地学部に慣れていってください。すごい簡単になじむだろうから心配はいらないと思うけれど。
二年生、特に男子、てか男子。一年生にもっと声かけましょうぜ。こーゆーことは上級生が積極的にやっていくもんでしょに。ちなみに私は明日は少し自重しとくけどな。
あ、原稿を書かなきゃいけないことを思い出したので短く終わっときます。あと英語?のレポートもやんなきゃ……。
以上、副部長の佐々木でした。
浜松北高地学部天文班 - 部員が豊作で豊作で嬉しいです。
19:09:27 Top↑
こんにちは、こんばんは、あるいはおはようございます。地学部副部長の佐々木と言います。はじめまして、どうぞよろしく。M浦先輩の先の文章は真理ですね。あの文章は三回くらい読み通すべきです。
で、一応僕の方からも部活選びについて軽くお喋りしようかなと。

今日の見学で十人弱の一年生が入部してくれることになりました。部員がたくさん入ることは地学部にとって、また、地学部員個人にとってもとても良いことです。人数が増えれば学祭でも面白いことがやり易いし、研究もはかどります。また、人数が多ければ多いほど気の合う人に出会う確率も高くなるわけですから一年・二年ともにめっちゃ嬉しいわけなんです。
ただ、入ってくる上で「世界大会狙うぜ!」とか「全国行って北高の名を轟かせてやる!」とかはあんまり考えてなくてもいいと思いますよ。
ぶっちゃけ。
必要なのは「私・僕・俺・あたし・は地学部に○○を求めるから地学部に入部するんです」的な感覚じゃないかなあと。○○に当てはまるのは
『学祭で面白いことをやりたい』でも
『学校に泊まって天体観測をしたい』でも
『山で二泊三日の合宿を楽しみたい』でも
『先輩たちとの交流』でも
『佐鳴湖に興味がある』でも
『△△さんと一緒に部活動を頑張りたい』でも
『この部活に入れば何となく自分の高校生活が良い方向に向きそうな気がする』でも
何でもいい気がします。もちろん、「世界の頂点獲る」でも。地学部はやる気があれば無限とは言いませんが、有限の中でかなり自由に動ける部活ですから。
まったくの無目的だとさすがにちっと困りますが一ミリでも目的っぽい何かがあれば十分なはずです。僕なんかがそんな感じでしたし。ええ。

地学部はとても有意義な部活です。パソコン強くなるし徹夜慣れするし論文の書き方覚えられるし。それに、上級生・下級生っつー境界線もそんなに太くないですし。あ、でもタメ口はやめといた方が良さ気ですよ。念のため(笑)
人数が多くて楽しい雰囲気が漂っている。部室も広くてパソコンも有り。いつも何らかの目的に向かってみんなが本気で取り組んでいる。
僕はですね、すでに入った一年生・これから入ってくる一年生にはこんな部活の中で

『ああ、地学部に入って良かったな』

と思える瞬間を何度も何度も味わってほしいのです。それこそ、思わず口から漏れてしまうくらいに。
僕自身、この一年で何度もそんな気分に浸らせていただきました。本当に入って良かったです。だから、自信を持って、こう言えます。
『僕は、地学部が大好きです』
みなさん、まずは気楽にやりましょうよ。学祭成功させてそんでパァーッと打ち上げして、で研究にも力入れちゃいましょうよ。ここはそういう(個人的に)最強な文化部です。ハイ。てか、まず一年生の顔と名前を覚えなければいかんのですが(苦笑)
うーん、学祭までには何とか一年生全員と仲良くなっときたいですね。真面目な話。

んで、ここまで読んでくれたまだ部活未定の一年生。自分が何かを求めることのできる部活に入りましょう。求めるものがない人は求めるものが見つかりそうな部活に入ることをお勧めします。無理に地学部を押しません。三年間の時間の使い方を決めるわけですからあくまで慎重に。

地学部に(心の中ででも良いです)入ることを決めてくれた一年生。どうも、改めまして副部長の佐々木です。まぁ、適当に呼んでください。仲良くやりましょう。地学部はフレンドリーな先輩が多いですから(^^)とにかく、ようこそ、地学部へ!目指せ学祭グランプリ9連覇ですよ!

で、ここまで読んじゃった二年生。頼むから削除しんといてな。いや、これでも随分と気遣ったつもりだから。
ならびに三年生の先輩方。受験勉強頑張ってくださいね。たまには遊びに来てください。

携帯の人はすごい読むの疲れたでしょう。すいません。僕も書くの疲れました。
では、長文乱文失礼。


浜松北高地学部天文班 - はじめまして、どうぞよろしく。
21:41:04 Top↑
2008.04.05 地学部のこと
12月で引退のつもりがISEF2008のために勉強ができない受験生です。



部活選びに迷っている人へ。


世界大会にいける可能性があるというのは事実ですが、もちろんだれでも行けるわけではないです。
・人数が少なかったら実力があれば、
・たくさんいるなら一人の能力あるリーダーと、みんなのチーム意識があれば
全国大会(日本学生科学賞中央審査、JSEC)くらいには行けます。ISEFはあとは運です。
今回は個人的なプログラミングが決め手だったと思うので前者のほうですが、北高地学部は普通は下のほうになるはずです。
行きたいだけじゃいけません。努力は必要です。


努力というのは二つあって
・実力(スキル)アップの努力
・コツコツやり遂げる努力
だと思います。
実力アップは一年生のうちにしておく必要があります。この一年間でプログラミングを覚えた人もいます。どうにでもなります。
二年になったら、最後はコツコツ、あきらめずにやる必要がでてきます。


だから、ただ、全国・世界に行きたいと思って、努力しない人はいりません。
この部活に入れば誰かが全国に導いてくれると思っている人は文化部には向いていません。
運動部は自分が努力しなかったら実力がつかない・成果が出ない、努力すればそれなりの結果は出る。
文化部は実力があっても何もやらなかったら0です。大会当日に頑張ればいいというものではないです。


努力しようと思っても、一年間先輩についていき、二年になったら何をしたらいか分からなくなる人がいます。すべきことがわからなくなって、わかりやすい運動部に行った人も知っています。
文化部は肉体的には運動部に比べたら圧倒的に楽です。
しかし、すべきと思うことをしても運動と違って、成果になるとは限らないので、精神的にはつらくなってきます。


でも、そういうときのために仲間がいます。まとめるリーダーがいます。
リーダーは常に状況を把握します。全ての人が把握できるようにします。
必要ならば全ての人の意見を聞きます。
そして研究の次のステップに必要なことをみんなで考え、実行に移します。
成果が出なくてもみんなでまた考えられます。
全員の実力を信頼できている間は、研究がまとまらないのではないかという不安はありません。


団体研究は単なる分担作業ではないです。実力を補うためだけのものではないです。
チームだから、いつか成果が出ると信じて、研究を続けられます。自分だけでは行き詰るところでも誰かが突破口を考えます。
みんなで、ある成果までたどり着いて、締切日夜遅くに論文を完成させたときの満足感と、チームとしての一体感、パートナーシップは何事にも代えがたいです。


私は全国行って、ISEF決まっても未だに本当に地学部が自分にとって最高の部活だったとは思えません。
チームを共同作業、管理職と作業員の関係だと思っていたんだと思います。
だから、不安になることはよくありました。


この部活に入ろうと思ったのは入学時に自分の運動能力に限界を感じたからです。
だけど、今は総合的な運動部も含めて運動能力は真ん中よりも上にいると思っています。
入学時の運動能力はあてになりません。


自分の運動能力を理由に文化部に入るのはやめてください。
入ってしまえば誰でも運動部としてやっていけるはずです。
文化部は運動部のようにそれなりにやっていけば相応の成果が得られるものではありません。
勉強すれば点が上がるようには、研究し続けても成果は出ません。
下手に深追いすれば成果は全く出ません。論文にもなりません。


個人のチームに対する意識がしっかりしていて、しっかり努力して、論理的に、効率的に研究を行えれば、全国程度はすぐ見えてくるはずです。
運動部に比べて、誰にでも可能性があります。


最終的に決定するのは自分です。
運動部に入っておけばよかったな、と思うときが来ないように、
全国に・世界に、着実に近づいていけると思ったら、この部活を選んでください。



地学部:

The club you'll make



最後に、入部したら覚えていてほしいこと。

 研究は、努力しなければ成果は出ないけど、努力した分成果になるわけじゃない。
 成果にならなくて不安になったときは、チームで話し合って、次のチャレンジを探そう。
 チームでなら、成果が出るまでみんなで努力できるはずだから。

チームのメンバーをそれくらい信用できるようになってください。

M浦
... 続きを読む
浜松北高地学部天文班 - 地学部のこと
18:09:03 Top↑
今日は急遽、部活動勧誘のチラシを作りました。
昨日は自転車全力疾走した甲斐があったのか…ありました(∀*)

作ってて思ったのは、部活の機器は壊れかけている、ということ
パソコンの凄まじい音とか、接続出来ませんの嵐。そして起動するとデータが吹っ飛ぶと言われたノートパソコン。さらに重くて止まったり、画面が消えたり…近々パソコン買いますか、という話はここまでで終わってしまったのですが、真面目に買いましょう(´A`)
でも大丈夫ですよ、新入生と研究始めるときにはちゃんとしますから

話が飛びましたが、今チラシの画像を持ってないんで、言葉で表現したいと思います。
ずばり「ナマズ」をみたら、間違なく地学部です。あと、「アトランタ大会」は本当ですよ。全く嘘は書いてありませんよ。
入学式のときお楽しみにー
あと同じ部活のチラシ何枚ももらうかもしれないけど、毎年のことですから、怒らないでー帰るときはお気をつけて(´A`)

次みんなが集まるのは始業式なので(みんな課題終わらないので…)、そのときにまた報告できたらしますっ
あっ、でも私明日当番だから学校行くんだよな…課題が(T_T)
確かによく地学部をみると毎日やっているように思えるかも(当番あるし)しれないけど、班の活動別々だから個人では毎日はありませんので、時間は作れは余裕がありますから大丈夫です

では、名前書かないと誰が書いたか分からないので、やっぱり名前は記しておきます。ちなみに今までの記事で真面目なのは私のですよ(・_*)あっもう片っ方が真面目じゃないっていう意味ではないですよ
長文失礼しましたm(_ _)m

O田
浜松北高地学部天文班 - 勧誘チラシ作成
20:34:48 Top↑
今日も学校祭についての話し合いをしました。ストーリーは大切なことなので、なかなか決まりません。それだけ部員一同労力を使って考えているので、今年も楽しい展示ができそうです。早く作業解禁になって欲しいものです。

あと、ジオラマについても考えました。細かい技術がけっこう難しそうです。場所もどこに置くか悩みどころです。

学祭の話し合いの内容はまだシークレットということで、これから曖昧な内容ですが、ご了承下さい。知りたい人はぜひ学校祭当日に来て下さいな。

最後に一言。「人手が足りない!」ということで、新入部員はいつでも募集中です。地学部員全員で大歓迎します。

次は部室の大掃除をしました。
詳しくは、また更新します
浜松北高地学部天文班 - 学祭までの道~その3
17:20:58 Top↑
今日は久しぶりに天文班としての活動、AAOIFSの冬バージョンのデータのまとめをしました。

前も役割分担して相関を求めていたのですが、なかなかいい結果にならなかったので、今日は天候ごとにデータを分けてから明るさとそれぞれの天候データとの相関を求めました。途中でパソコンが思うように動いてくれなくて、イライラした場面もありましたが、班長のおかげで無事に進みました。さすがです。まとめでは、慣れたのか、グラフは意外と早くできたと思います。あとは相関係数を求めて、天候ごとに比べたり、去年のデータと比べましょうかと思っています。続きはまた4月中に。

それから、3月のデータを、"春"バージョンとしてまとめる表の作成をしました。とりあえずこれからも学校祭の準備をしながらも、引き続きデータを集めていきたいと思います。今までの中に春バージョンはなかったので、これは多くのデータをとりたいところです。

今日は風が強かったので、屋上は荒れていました…大丈夫ですAAOIFSは生きました。自分自身は当番で久し振りに屋上に行ったので、ちょっと様子が気になるところでしたが。最近データが取れにくいのと動きにくいという噂を聞いたので自分自身の身体的、そして肉体的にも不安でしたが、無事です。天文班員一同気温が上がったことで喜んでおります…あと屋上からの景色はとてもいいということを伝えます。いつ見ても最高です。ぜひ新1年生に見せたいです。この景色は天文班の特権ですから(^^*)

次の活動は明後日、学祭の話し合いですが、ジオラマ(展示物)という大変な話し合いに入ってきました。これからは細かいことも決めていかなければいけないんでね…。その時に、年末にやりそびれた部室の大掃除をしようかと思っています…というかやらなければいけませんね。新入生にはさすがにこの状態では見せれません(>
これくらい具体的な報告がこれから毎日できるといいですね、ではまた明後日
... 続きを読む
浜松北高地学部天文班 - 天文班としての活動報告
20:35:16 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。