上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浜松北高地学部天文班 - スポンサーサイト
--:--:-- Top↑
2010.03.17 time
第4回学祭プロジェクト、今回はアトラクションについてでした。
みんなからはいろいろな案が出ましたが、時間内にうまく
まとまらず結局先延ばしという結果になりました。

「時間」とは人にとってどのようなものなのでしょうか?
自分達はそれを時計という形で認識していますが、しかしその数字が
時々意味をなさなくなるときがあります。

例えば、自分の中ではちょっとしか経っていないと感じていたけれど、
実際はすごく過ぎていた、長い時間と感じていたが、実際は全然経っていなかった、
これは日常の中でよくあることではないでしょうか。

何故体感と実際の時間で差ができてしまうのか。
それは、差がその時の人の感情を表しているからなのでしょう。
楽しいときや嬉しいときの+の思考は、より長く過ごしたいという
思いを生み出し、体感時間を知らず知らずに圧縮させる。
逆に悲しいときやつまらないときの-の思考は、早く時間が経って
しまえばいいという思いを生み出し、それを短くさせてしまう。
この原理は多分多くの人が本能的に気づいていることでしょう。


時間と感情は切っても切り離せない関係である。
この関係はより楽しい方へ楽な方へという人の欲求を促進させているように思えます。

つまらないことや困難なことに出会った時、人は立ち止まり、その分時間だけが過ぎてゆく。
その無駄な時間に人々は耐えきれなくなり、別の自分を安心させてくれるところへと向かってしまう。

人は無駄という言葉が嫌いで、それを自分から遠ざけようとしがちです。
なぜなら、未来の利益よりも目先の感情の方がずっと重く感じてしまうから。
何かでその時間を埋めよう、でもその時間は別の大切な事に使うためのものであったはず。
それを自分たちは忘れてしまおうとするのです。
でも、それでは何も手に入れられない、それどころか何かを失ってしまうこともある。

自分たちの時間はけっして無限のものではない。
それを実感するのはとても難しいことです。
その中で、それをどれだけ大切に思い、いかに
そのひとつひとつを大事に扱っていくか。
これは今の自分たちがもう一度見つめ直すべきことなのではないでしょうか?

ここで区切ります。では、またの機会に。
... 続きを読む
スポンサーサイト
浜松北高地学部天文班 - time
18:43:33 Top↑
初めて書きます。

ついに学祭準備が始まりました。ところで、そもそも学祭とは何なのでしょうか?

自分は思うに学祭とは、一つの「物語」なのだと思います。始まりはほんの些細な事。きっと自分達の中でも小さなものなのでしょう。

しかし、それに触れていくうちにいつの間にか大きなものとなっていく。そしてそれは、一つの結末として終わりを告げるのです。

そう言葉にしている自分ですが、まだそれをはっきりと理解しているわけではありません。

それはその話の終わりのあとの感覚なのです。その思いにたどり着くのはいつなのか?
それは、まだ自分達は知ることは出来ません。
ただ、それはいつでも終わりの実感と隣り合わせなのです。

それらの思いは、自分達にどんな心の変化を与えるのだろうか?そしてそれは、自分達のこれからの話をどう変えていくのだろうか?

まだ、その問いに明確な答えを出すことは出来ません。なぜならそれは、一人一人が自分で手にするものなのですから。

ここで筆をおきたいと思います。稚拙な文ながらお付き合い頂きありがとうございました。

では、またの機会に。
浜松北高地学部天文班 - 学祭プロジェクト始動
21:10:28 Top↑
2010.03.07 21年度終了
20100307182832
 



砂浜班のことが新聞に載ってましたね。同じ部活のメンバーとして誇らしく思います。





これで平成21年度の地學部の活動は、終着駅に着いたわけですね。

お疲れ様でした。














4日に今年度3回目の京都へ行ってきたのですが、

私が京都で最も好きな寺である泉涌寺の靈明殿には感動しました。

前回から15年振りの公開らしいので、次に公開されるのは早くとも10年、20年後でしょうね。

靈明殿は第38代天智天皇から第124代 昭和天皇まで、歴代天皇の御尊牌が安置されている、泉涌寺で最も重要な建造物です。(北朝天皇の御尊牌は塔頭の雲龍院に安置されています。)

3月22日まで公開しているので是非訪れてみてください。



泉涌寺境内には他にも見所が澤山あります。


日本でも珍しい観音様である『楊貴妃観音』

天皇陛下参詣時に使用される『玉座の間』

そして、第107代 後陽成院天皇から第118代 後櫻町院天皇までの御陵である『月輪陵』及び、第119代 光格天皇第120代 仁孝天皇の『後月輪陵』、

境内裏には第121代 孝明天皇『後月輪東山陵』が所在しております。



武士ではない“江戸時代”の歴史を感じるなら、泉涌寺へ行くことをおすすめします。







以上、今年度終了のお知らせと、泉涌寺の宣伝でした。














西坊城

(一年生諸君、更新を頼む。)
浜松北高地学部天文班 - 21年度終了
18:25:36 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。