上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浜松北高地学部天文班 - スポンサーサイト
--:--:-- Top↑
久しぶり・・・というか多分これが最後になるかも知れません。
数回しか更新をしておらず、不満に思っていた方、本当に申し訳ございません。
おそらく、次の代の方は更新をしっかりしてくれると思いますので、安心してください。(笑)

今、部活では世代交代の時期が近付いています。
二年生から一年生に・・・そのことでの不安ははっきりいってありません。
おそらく彼らだったら今の自分たちよりもさらにすばらしい研究をしてくれることと思っています。

その証に、ある班では地学室を貸しきって今年の研究であやふやになっていた、
照度(SQM?)に関する実験の実施、また別の班では自分たちでプログラムとそれをもとにした
機械を作成、そして実際の実験で運用等々・・・自分達のレベルを大きく越えています。(笑)
そして、今まであまり物を動かすことがなかった部室も後輩達が模様替えをし、
まだ途中ではありますが、自分たちの頃の部室とは大きく様変わりしています。
こういう風景を見ていると、もう引退なんだなぁ・・・と少し感慨にふけってしまう自分がいます。
やることも大体終わった自分はどうやら御邪魔虫のようです(苦笑)

あっという間の一年半・・・というと大げさかもしれませんが、自分はやはりそう感じてしまいます。
その間様々なことを学び、そのかけがえのない経験が自分を大きく成長させたと胸をはって言えます。
昔の自分は本当に未熟で、そのため班の皆には色々な迷惑をかけてきました。
そんな自分と共に研究をしてきたみんなへの感謝は、言葉では多分言い尽くせないでしょう。

しかし、成長したといっても今の自分はやはりまだ未熟です。
そして、今年の研究もまた未完成なものでしょう。
それを完成させ、さらにそこから新しい可能性を見出すこと、
それは一年生の後輩達に託したいと思います。

先ほども言いましたが、恐らくこれが自分にとって最後の更新です。
今まで色々と書かせて頂きましたが、身の程知らずのことを結構書いていたなと思います。(苦笑)
しかし、それらは今までの部活で自分が思ったこと、感じたことの全てだった、
これだけははっきりと言えます。
自分が今まで研究をして何を学び、経験し、そして培ったのか。
その一部がもしかしたら今までの文章に表れていたのかもしれません。

ただの戯言と思った方はすぐに忘れちゃってください。
しかし、少しでも興味を持って頂いた方は心のどこかに残して下されば自分としては幸いです。

最後に今まで・・・やっぱりやめておきます。
皆への思いはこの場で言うべきものではないと思いますから。
それはまた別の機会に。

次はおそらく次の世代が書くことになるでしょう。
皆さんお楽しみに。

では、またいつか。

スポンサーサイト
浜松北高地学部天文班 - たぶん最後です。
13:48:50 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。