上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浜松北高地学部天文班 - スポンサーサイト
--:--:-- Top↑
こんにちは、こんばんは、あるいはおはようございます。地学部副部長の佐々木と言います。はじめまして、どうぞよろしく。M浦先輩の先の文章は真理ですね。あの文章は三回くらい読み通すべきです。
で、一応僕の方からも部活選びについて軽くお喋りしようかなと。

今日の見学で十人弱の一年生が入部してくれることになりました。部員がたくさん入ることは地学部にとって、また、地学部員個人にとってもとても良いことです。人数が増えれば学祭でも面白いことがやり易いし、研究もはかどります。また、人数が多ければ多いほど気の合う人に出会う確率も高くなるわけですから一年・二年ともにめっちゃ嬉しいわけなんです。
ただ、入ってくる上で「世界大会狙うぜ!」とか「全国行って北高の名を轟かせてやる!」とかはあんまり考えてなくてもいいと思いますよ。
ぶっちゃけ。
必要なのは「私・僕・俺・あたし・は地学部に○○を求めるから地学部に入部するんです」的な感覚じゃないかなあと。○○に当てはまるのは
『学祭で面白いことをやりたい』でも
『学校に泊まって天体観測をしたい』でも
『山で二泊三日の合宿を楽しみたい』でも
『先輩たちとの交流』でも
『佐鳴湖に興味がある』でも
『△△さんと一緒に部活動を頑張りたい』でも
『この部活に入れば何となく自分の高校生活が良い方向に向きそうな気がする』でも
何でもいい気がします。もちろん、「世界の頂点獲る」でも。地学部はやる気があれば無限とは言いませんが、有限の中でかなり自由に動ける部活ですから。
まったくの無目的だとさすがにちっと困りますが一ミリでも目的っぽい何かがあれば十分なはずです。僕なんかがそんな感じでしたし。ええ。

地学部はとても有意義な部活です。パソコン強くなるし徹夜慣れするし論文の書き方覚えられるし。それに、上級生・下級生っつー境界線もそんなに太くないですし。あ、でもタメ口はやめといた方が良さ気ですよ。念のため(笑)
人数が多くて楽しい雰囲気が漂っている。部室も広くてパソコンも有り。いつも何らかの目的に向かってみんなが本気で取り組んでいる。
僕はですね、すでに入った一年生・これから入ってくる一年生にはこんな部活の中で

『ああ、地学部に入って良かったな』

と思える瞬間を何度も何度も味わってほしいのです。それこそ、思わず口から漏れてしまうくらいに。
僕自身、この一年で何度もそんな気分に浸らせていただきました。本当に入って良かったです。だから、自信を持って、こう言えます。
『僕は、地学部が大好きです』
みなさん、まずは気楽にやりましょうよ。学祭成功させてそんでパァーッと打ち上げして、で研究にも力入れちゃいましょうよ。ここはそういう(個人的に)最強な文化部です。ハイ。てか、まず一年生の顔と名前を覚えなければいかんのですが(苦笑)
うーん、学祭までには何とか一年生全員と仲良くなっときたいですね。真面目な話。

んで、ここまで読んでくれたまだ部活未定の一年生。自分が何かを求めることのできる部活に入りましょう。求めるものがない人は求めるものが見つかりそうな部活に入ることをお勧めします。無理に地学部を押しません。三年間の時間の使い方を決めるわけですからあくまで慎重に。

地学部に(心の中ででも良いです)入ることを決めてくれた一年生。どうも、改めまして副部長の佐々木です。まぁ、適当に呼んでください。仲良くやりましょう。地学部はフレンドリーな先輩が多いですから(^^)とにかく、ようこそ、地学部へ!目指せ学祭グランプリ9連覇ですよ!

で、ここまで読んじゃった二年生。頼むから削除しんといてな。いや、これでも随分と気遣ったつもりだから。
ならびに三年生の先輩方。受験勉強頑張ってくださいね。たまには遊びに来てください。

携帯の人はすごい読むの疲れたでしょう。すいません。僕も書くの疲れました。
では、長文乱文失礼。


スポンサーサイト
浜松北高地学部天文班 - はじめまして、どうぞよろしく。
21:41:04 Top↑
一般に公開しない

TrackBackURL
→http://hkescastro.blog82.fc2.com/tb.php/250-eac3dbde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。