上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浜松北高地学部天文班 - スポンサーサイト
--:--:-- Top↑
2002.02.22 2008年学校祭
概要
テーマ
2008年3月、「地震」に決定した。
過去行われた地学部展示のテーマは基本的に、「恐竜→地震→宇宙…」という流れとなっている。

調査
2008年3月29日、静岡県地震防災センターへ行った。ここで地震体験をしてアトラクションについて学び、TSUNAMIドームシアターでジオラマ技術を学んだ。
2008年4月、新入生を交えて、ホームセンターなどに行って使用する予定の物の値段や実物を直接確認。会計の予算内でいかに収めるかについて確認するためには大切なことである。去年は会計の人が主にこの作業を行った。

地学部展示について
題名
「ナイワハウス☆M博士の挑戦」

簡単なストーリー
 私たちは、新発売される天体観測ができる「コスモハウス」の展示会にきた。すると突然地震が発生する。すると、私たちは黄泉の国へと行ってしまったが、死神とともにとりあえず街中へ行ってみることにする。街中は余震が続いており、建物は倒壊して、土砂崩れも起きているようだ。そして、研究所を発見して中に入ってみると、地震をあらわした模型が置いてありとパネルが貼ってあった。突然博士の陰謀がわかってしまう映像が流れ、博士が「LMF13」を使用したより前に戻る。そして、中に入ると、自爆ボタンがあり、押そうとすると博士が現れ、死神が闘っているすきにボタンを押して「LMF13」が壊れる。これで地震が起きた直前に戻り、地震は小さな揺れで収まる。

展示概要
待ち時間用PV…神様が登場し、地震について知ることができる長い待ち時間には最適のPV。
合成写真入り新聞…毎年恒例の新聞に、去年に引き続き、好評だった合成写真を取り入れた。
コスモハウス(壊)…天体観測中に地震が発生して、地震が起こった後に動くことができる部屋。
街(ジオラマ)…動くビル、倒壊した街並み、そしてクオリティが高い地震後を再現したジオラマがある。
研究所入り口(地震の仕組み・PV)…地震プレート模型があり、そして博士の陰謀がわかるPVが上映される。
研究所中(LMF13)…異様な光で物が散乱しており、地震増幅装置「LMF13」が置いてある。
コスモハウス(安全)…こちらも地震が発生するが、揺れは小さい部屋。
外装…住宅展示会の外観をあらわしている。

主なスケジュール
4月22日  一次企画書提出
5月08日  最終企画書提出
5月23日  作業解禁、企画賞発表
6月7・8日 学校祭当日、各賞発表

画像
外装
2008年学校祭外装
ジオラマ
2008年学校祭ジオラマ
スポンサーサイト
浜松北高地学部天文班 - 2008年学校祭
22:22:22 Top↑
一般に公開しない

TrackBackURL
→http://hkescastro.blog82.fc2.com/tb.php/431-433d9457
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。